一般内科

インフルエンザを含めたかぜ症候群や腹痛・下痢・便秘といった
消化器症状、花粉症などのアレルギー症状、気管支喘息・肺気腫などの
呼吸器疾患そして頭痛、痛風など内科一般についての診断と治療を行います。
我慢しないで早めの受診が早期回復の秘訣です。

初診者用問診票(pdf)はこちらからダウンロードが出来ます。

風邪・インフルエンザ

風邪は発熱、くしゃみ、鼻水、咳、のどの痛みといった症状がでてきます。
風邪に対する診療は患者さんの症状にあったお薬を処方する(対症療法)のが一般的です。何故なら風邪の原因は80-90%がウィルス感染であり、特効薬がないからです。ただし、ウィルス感染にひき続いて細菌性の中耳炎・気管支炎・肺炎などを発症することがあるので高齢者や基礎疾患のある方は早めの治療が肝心です。

インフルエンザ予防接種をご希望の方へ

ワクチン用のウィルスは孵化鶏卵で培養するため、卵などにアレルギーのある方は接種できないことがあります。もちろん明らかに発熱している方、思い急性疾患にかかっている方や以前にワクチンで強いアレルギー反応をおこした方も接種できないことがあります。ワクチン接種についての詳細はお問い合せください。
詳しくはこちら

急性の咳(3週間以内の咳)の場合には、かぜ症候群、アレルギー性鼻炎、マイコプラズマ肺炎などが考えられます。
長引く咳(3週間以上続く咳)の場合には、咳喘息、気管支喘息や少ないですが結核などが考えられます。
当院では自覚症状、胸部レントゲン検査、血液検査、喀痰検査、呼吸機能検査などで診断し治療方針を考えていきます。

腹痛

腹痛の部位 主に考えられる疾患
みぞおち 急性胃炎、逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍、胆石、急性膵炎、急性心筋梗塞
右上腹部 胆石、胆のう炎、急性肝炎
へそ周辺 虫垂炎、急性腸炎、クローン病
左右脇腹 腎臓・尿管結石
下腹部 急性大腸炎、過敏性腸症候群、膀胱炎、婦人科疾患

当院では必要に応じて血液・尿・便検査、レントゲン検査、腹部エコー検査を行い診断、治療を考えていきます。
痛くない内視鏡検査については2015年4月から4Fで開始しております。

ページトップへ移動

ページトップへ移動