Dr.折茂(おりも)の健康ひとくちメモ

チョットした間食

「おやつ」の習慣はありますか?
江戸時代中期まで1日2食であったため、八つ時「やつどき」(午後2〜4時)に軽食をしたことが語源と言われます。
ということは、1日3食摂っている現代では必要ない?とも言えますね。

どのような食べ物でも間食によって身体にエネルギーが補給されてしまいます。
ダイエットの場合には出来るだけエネルギーを抑えて頂く必要がありますから、おやつの習慣がある場合には夕食までの間辛抱が肝心です。

特に注意が必要なのはカロリーの高いスナック類と菓子パンです。
いったん開封すると、「途中でやめられない。気づくと一袋空けている。」ということになる可能性があります。
ポテトチップ一袋400kcal、菓子パン一個300kcalですから、これに清涼飲料水200kcalを加えるとおよそ1食分のカロリー摂取です。

チョットした間食のはずが、エネルギーの面からは「チョット」では済まなくなります。
スナック菓子を開けるのはどなたか他の人がいる時にして下さいね。