Dr.折茂(おりも)の健康ひとくちメモ

血管の健康を保つ脂肪酸

脂肪と言うと身体に悪いイメージがあるかと思いますが、動脈硬化に予防的に働く脂肪酸の話です。
多価不飽和脂肪酸はオメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸に分類されます。このうちオメガ3系脂肪酸は脳梗塞や心筋梗塞などの動脈硬化性疾患の予防に効果があります。

オメガ3のα−リノレン酸は、EPAやDHAに代謝されます。以前に「魚を食べると頭が良くなる」とのことで有名になった通り、大型の回遊魚や青魚に多く含まれます。ただし、魚類はEPAの合成能が低いため魚自身が作る訳ではなく、餌となるプランクトンや海藻類から摂取しています。従って、配合飼料で養殖された魚にはEPAが少なくなってしまいますのでご注意下さい。
また、同じ海洋生物の貝類にもEPAが含まれています。
植物油としては、亜麻仁油やエゴマ油にα−リノレン酸が多く含まれます。熱に弱いため調理には向きませんので、加熱せずサラダなどに使って頂くと良いです。

一方、オメガ6脂肪酸のリノール酸やγ−リノレン酸は、代謝されてアラキドン酸になります。アラキドン酸は炎症を起こし、オメガ3脂肪酸とは対照的に動脈硬化を進行させます。紅花油、コーン油、ヒマワリ油、ゴマ油などが代表的です。

リノール酸もα−リノレン酸も共に必須脂肪酸ですので、どちらも適度な摂取が必要です。ただし、リノール酸からアラキドン酸、α−リノレン酸からEPA、DHAへの代謝は同じ酵素が行うため、リノール酸の摂取が過剰になるとEPA、DHAの合成が低下してしまいます。
現代の食生活では揚げ物などの調理でオメガ6脂肪酸の摂取が過剰になりがちです。
オメガ6は極力控えて、オメガ3で動脈硬化予防をお願いします!