花粉症治療

花粉症の方にとって、花粉シーズンはとても辛い季節です。くしゃみや鼻水をはじめ
目のかゆみ・体のかゆみなど花粉によって普段の生活が不快なものになってしまいま
す。 一口に花粉症と言っても様々な症状がございますので、一度検査を受けられるこ
とをお薦めします。

花粉症とは

花粉によってアレルギー症状を起こす病気で、日常生活にも様々な支障が出ます。

花粉症とはスギ・ヒノキなどの花粉によってアレルギー症状を起こし、発作性反復性のくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が特徴的な症候群のことを指します。季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれます。下の花粉カレンダーのように、日本ではほぼ一年中花粉が舞っており、通年性アレルギー性鼻炎との両方に悩む人や、複数の花粉に反応する人も増えており、ほぼ一年中鼻炎に悩まされている方も少なくありません。

花粉カレンダー

花粉症療法について

血液検査を行い、治療法を選択します。早めの治療が肝心です。

アレルギー性鼻炎には季節性アレルギー性鼻炎と通年性アレルギー性鼻炎があります。
花粉症は季節性アレルギー性鼻炎ですので、通常はまずはその診断から始めます。
診断は血液検査で行っていますが、アレルゲン(花粉などアレルギーの原因となる物質)とアレルゲンを排除するために体内でつくられるIgE抗体の量をチェックします。アレルギー性鼻炎の原因が花粉なのかハウスダストやダニといったものなのかを判断して治療や生活指導を行います。
治療は早めに開始することが肝心です。遅れると薬の量が増えたり、ステロイドのような強い薬を使用する必要も出てきます。
例年、強い花粉症が出る方は、特に早めの内服治療(初期療法)をおすすめします。

次に症状の程度により治療法を選択します。
内服薬には第2世代抗ヒスタミン薬(最近では眠気の少ないものもあります)、ケミカルメディエーター遊離抑制薬、抗ロイコトリエン薬、Th2サイトカイン抑制薬、抗トロンボキサンA2薬、漢方薬があります。局所治療薬として、ステロイドや抗ヒスタミン点鼻薬・点眼薬があります。
これらを単独あるいは症状に応じて組み合わせて治療します。
平行して生活習慣の改善が必要ですので、当院では医食同源の考えに沿って食事指導も行っていきます。

ページトップへ移動

ページトップへ移動